April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月の展覧会

1〜2点ですが、出品させて頂きます。

 

☆この一枚を!展☆ 修了しました。

会期:10月2日(水)〜6日(日)

場所:京都・ギャラリー胡々湾

詳細:https://g-kokowan.com/

※1枚水彩画を出品いたします。

 

 

☆日中友好 大阪画院展☆

会期:10月4日(金)〜6日(日)

場所:大阪船場センタービル4号北地下1階

         (地下鉄 堺筋本町駅下車直ぐ)

巡回:11月29日(金)〜12月1日(日)神戸

特別招待作家として水彩画を出品させていただくことになりました。

 

 

☆「ポストカードに描くはじめての水彩画」展☆

搬入:9月26日(木)

展示:9月末頃〜10月24日(木)

場所:近鉄文化サロン上本町・ロビー(近鉄百貨店上本町10階)

   10:00〜20:00

※講座が始まり9月で1年を迎えます。

 月一回のレッスンですが、初めての水彩画を楽しんでおります。

 9名の受講生の作品を展示頂きます、ぜひご高覧下さい。

 (私も2枚ほど出品させて頂きます。)

秋の芦生 森里スケッチ会 ご案内

☆秋の芦生 森里でスケッチに親しむ会 2019年☆

 秋の気配の里そして、黄葉に染まる森の中で一緒にスケッチをしませんか。

里ではじっくりと描き、森では散策しながら簡単に描きます。

【講師 平田】

芦生山の家ガイドツアー】

 

詳細はお問い合わせフォームから「秋の芦生」と題してお尋ねください。

 

【日 時】A.11月2日(土)〜3日(日)8名様キャンセル待ち (小雨決行)

B.10月27日(日)〜28日(月)8名様(あと名様ご参加可能)

 

【集合場所】10時 JR園部駅 西口  ※現地に直接お越しの場合はお知らせください。

 

【タイムスケジュール】

1日目:10:00 JR園部駅 集合

     11:00 ちしゃの木庵 到着

           芦生の里スケッチ・昼食(約5時間)

     16:00 里山散策

     17:00 芦生山の家 到着

     18:00 夕食

     20:00 合評など

     21:00 就寝

 

2日目  6:00 早朝スケッチ 芦生研究林事務所前(約45分 ご希望者)

      7:00 朝食

      8:00 芦生山の家 マイクロバスに乗り換え 出発 

      9:00 芦生原生林 スケッチ・昼食(約5時間)

     13:30 下山開始

     14:30 芦生山の家へ戻る

     16:00 JR園部駅 解散

特別招待作家として出品

☆日中友好 大阪画院展☆

 

特別招待作家として水彩画を出品させていただくことになりました。

 

会期:10月4日(金)〜6日(日)

場所:大阪船場センタービル4号北地下1階

         (地下鉄 堺筋本町駅下車直ぐ)

 

巡回:11月29日(金)〜12月1日(日)神戸

 

京都造形大特別講師の李留雁氏に心より感謝申し上げます。

 

秋のおとなスケッチ in春日山原始林 終了

第25回世界遺産春日山原始林観察会
☆秋のおとなスケッチ in春日山原始林☆

 10月6日(日)9:30〜14:00頃

 

で、スケッチ会の講師をつとめることになりました。

 

「春日山原始林を未来へ繋ぐ会」のスタッフが森の説明をして下さり

その後、森の中でスケッチをします。

 

スケッチが初めての方でも 描けるようにご説明いたします。

教室生の方、自然が好きな方、絵の苦手な方 ぜひ、気楽にお申込み下さい。

 

詳細・申込み先

「春日山原始林を未来へつなぐ会」HP

 

追記:10月6日の記事こちらからご覧ください。

個展の記事 及び 絵・ポストカード

先日のあべのハルカスでの個展が記事になりました。

絵を通じて、京都に残る原生林の素晴らしさと、現在抱える問題を多くの方々に知ってもらえたらと願います。

ありがとうございました。

 

著者:李留雁先生

・京都市立芸術大学院保存修復卒業

・京都造形芸術大学特別講師

・「蘊承軒」日中伝統絵画研究会主催

 

https://www.meipian.cn/2cemrxyj?share_from=self&share_user_mpuuid=9cec96a6e3571e5e99a38125e45f1450&user_id=45258017&v=5.1.0&fbclid=IwAR2tbM9g90GU3gTu0AaPZX1TkO_DBKb0CyxP9V15HxkyblSazwfNoakmSYU

 

 

☆常設展・ポストカード販売☆

京都 神宮道にOPENしました「ギャラリー胡々湾」さんでは、
本日より、栗田荘平さんの陶器展が始まりました。

 

私の水彩画も取り扱って頂いております、
また、ポストカード5種類を作りました。
ギャラリー胡々湾さんで、販売しております。
お近くにお出かけの際には、どうぞお立ち寄りください。

https://g-kokowan.com/

 

個展・終了しました。

 

会期:2019年8月21日(水)⇒27日(火)

   午前10時〜午後8時(最終日 午後5時まで)

   ※(木)以外の午前11時〜午後6時在廊予定

場所:あべのハルカス近鉄本店タワー館 

   11階 アートギャラリー

 

森の四季:25点

花・人物:15点

 

40点近く展示いたします。

 

森の動物たちも、目を凝らして探すと出迎えてくれます。
夏休み後半、大人も子供も楽しんで貰えるよう工夫しております。
ぜひ、ご家族、お友だちと遊びにお出掛けください。

 

※お花・お祝の品は会場の都合によりご遠慮申し上げます。

 

8月28日追記

多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

うつろいの森−芦生の森−個展修了しました。

クリックして頂くと 拡大されます。

 

このたび、「うつろいの森-芦生の森-」水彩画を下記の通り開催します。

本展の目的は、絵画を通じて京都に残る原生林「芦生の森」の現状を広く人に知ってもらうことです。

また、次世代に貴重な自然を残すための自然保護・保全の取り組みも合わせてご紹介します。

素晴らしい原生林が次世代に残るように願って。

 

多くの方にご高覧頂けますようお願い申し上げます。

 

 

「うつろいの森-芦生の森-」平田有加 水彩画展

会期:2019年5月7日(火)〜12日(日)

時間:11:00〜18:00(最終日17:00まで)

会場:ぎゃらりーあーとぺーじ唯心

   〒605-0033 京都市東山区神宮通三条上ㇽ夷町155

(地下鉄東西線「東山駅」―亳より 徒歩3分)

 

2018年〜2019年の新作18点、スケッチ2点が並びました。

・IWS(世界水彩連盟)出品で帰国した作品

・2019年芦生の森カレンダーの原画

 

※追記 令和元年 5月13日

お陰様で283名のお客様にご来場いただけました。
絵や森に関心の深い方が、これほど多くおられるのだと実感しました。
お話ができましたこと、心より嬉しく感謝申し上げます。

 

イタリア・ファブリアーノ国際水彩画展4月25-29日

今年も参加させて頂くことができました。

現地には水彩画家の佐橋井久子氏が行って下さり、写真を送ってくださいました。

 

ファブリアーノ10周年記念またユネスコ文化事業指定で重要なイベントになります。

教会の中や市の施設で展示され、1500人越えの参加者。

デモンストレーションは、世界各国からの五人のマスターと一人の若い作家。

五人のマスターデモの一人に日本の永山裕子さんがファブリアーノの要請により行われます。

(2019 4月25日り29日まで)

会場の様子 

 

日本の作家の展示会場 15人選抜

 

 

「Clear Flow -Ashiu Forest-」56×38僉‘明水彩  今年の出品作品

 

講座案内 2019年より

「祈願」38×45僉‘明水彩

 

元旦の夜と2日朝で、仕上げました。

皆様のささやかな願い事が叶う年となりますように。

 

※2019年度よりカリキュラムが4つできました。

基礎講座(全7回)ポストカードサイズ・三原色透明水彩

  対象:絵を描くのが初めて

  目的:水彩絵の具が使える。

     描く手順がわかる。

     飾れる葉書サイズの絵が仕上がる。

継続講座(鉛筆デッサン9課題+SM〜4F号までの水彩画)

  対象:基礎講座の修了者

  目的:一人で形を取れるようになる。

     一人で小さな作品は描けるようになる。

     自分の色やタッチを見つける。

水彩技法講座(全12回、4F号)

  対象:鉛筆デッサン・水彩の経験者

  目的:様々な水彩の技法を学ぶ。

研究科(6F号までの水彩画制作・水彩技法講座・表現の幅を広げる)

  対象:鉛筆デッサン・水彩の経験者

  目的:描きたいテーマを見つけ、作品を作れるようになる。

 

※準備中

◎クラス:月2回(隔週)のレッスン 

  対象:初心者

 

2013〜2017年の森の絵

2013年〜2017年の森の絵(水彩画)より一部を
HPの「絵画作品」にUPしました。
森の絵の半数以上は、手元には在りませんが
自然に囲まれてのんびりしたい時、ご高覧下さると嬉しいです。
**************************************
2001年に見た 植生豊かな芦生原生林・上谷
その森を描きたくて、2007年に再訪すると激変していました。
芦生の森に精通される様々な方にお願いして
昔の森が残る谷を求めて、歩き続けました。
もう、どこにもその姿が無いと判り、2010年から森の植生を学び
記憶に焼き付いた森を 絵で再現することを試みてまいりました。
この度、ネット上ではありますが、小さな森の画廊ができました。
芦生に精通される方々、研究者・職員の皆様、地元の方
そして、私を支えて下さる多くの方々の御助力のお蔭です。
本当にありがとうございます。
HPの「絵画作品」

http://morinoisikoro.babyblue.jp/sakuhin.html

<<back|<12345>|next>>
pagetop