November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「煌めきの森」水彩画展 終了。

***********************************
元旦から最終日まで、約250名にご来場いただきました。
水彩が綺麗だと、一人、また一人と入って来られたり
昔、芦生の森と関わりの在った方々が懐かしいといらっしゃったり
森林関係や若い研究者さんたちから、保全について前向きなお話を聞かせて頂いたり。
森の絵の前で、まるで森に行ったかのように
爽やかな笑顔で、お帰りになる。
京都での芦生の森の絵の個展は初めてでしたが、とても好意的に受け止めて頂きました。
ギャラリーのオーナには年末から年始にかけて、休み返上で一緒に在廊してサポート頂き
また、搬入や搬出に駆けつけてお手伝いくださったり、
多くの方のご理解とご協力いただき、心より感謝申し上げます。
(追記:1月8日)
京都新聞の展覧会についての記事:電子版はこちらをクリックしてください。
※産経新聞12月29日に掲載、京都新聞12月31日滋賀・京都版に掲載。
※京大新聞の取材を1月6日に受けました。掲載されるそうです。
***********************************
「−煌きの森−平田有加 水彩画展」
会期:2018年1月1日(月・祝)〜7日(日)
   11時〜18時(最終日:17時まで)
場所:ぎゃらりー あーとぺーじ 唯心

   京都地下鉄「東山」駅1番出口より徒歩1分
   TEL:075-761-7437
平安神宮を南へ下って、三条通りにぶつかった交差点にあります。
初詣と合わせて、どうぞ気楽にご覧ください。

 

 

☆新作16点

☆「煌めきの森」

☆「渓流の声ーカジカガエルー」

合計18点が並びました。

 

☆「2018年源流の森から水彩画カレンダー」も12冊ご用意しております。

 

尚、DMの50F号の水彩画は、芦生の森では有名な「大カツラ(保存木)」の一部です。

画面の上部に、西側から見える着生木13種類を、実際にある位置を調べて描きました。

また、足元は本来在ろう植生22種類を再現して描いております。

同時に、調査・植物のスケッチ資料も画廊に置かせて頂きます。

 

 

 

pagetop